読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

〔ネタバレあり〕スピッツの「醒めない」のライブに行ってきました!

 

f:id:pprrl10:20161202184403j:plain

スピッツのライブに足を運ぶのは一昨年の7月以来2年5か月ぶり、4度目。僕が参戦した長良川国際会議場に足を運ぶのは初であった。久々のスピッツライブということと初めて行く会場ということにわくわくしながら会場に向かった。


ここからはネタバレを含むレポートになりますのでご注意を。
MCに関しては、大雑把には覚えているものの、それがどのタイミングで話していたのかは記憶していないので、ほぼスルーさせていただきます。
開演予定を少し過ぎた頃に会場内が暗転し、「SUGINAMI MELODY」のBGMがかかり、メンバーが登場する。そして、1曲目に演奏されたのがアルバムのリードシングルとなった「みなと」であった。最初からミディアムテンポな曲が演奏される。続いて「恋する凡人」が演奏され会場全体がヒートアップしていく。その勢いを保ちながら「日曜日」へ。まさかの2ndアルバムからの披露ということで驚きと感動に包まれる。打ち込みのイントロが流れ出し「運命の人」へと続き、幻想的な演出効果の中「コメット」が演奏される。

ここで最初のMC。「お忙しい夜にわざわざスピッツのために時間を割いていただきありがとうございます」といったいつもの決まり文句が。MCの後は「チェリー」「ビギナー」と引き続きミディアム調の曲が続き、再びレア曲である「アカネ」が演奏される。

ここで2回目のMCが入り、「アルバムからもたくさんやります」的なことを話し、その中でもアップテンポな「グリーン」「子グマ!子グマ!」を続けて演奏。続いて、20年前の曲である「バニーガール」が演奏され、一気に会場の熱気が上がる。ヒートアップした雰囲気から照明効果が印象的な「ヒビスクス」と一気に落ち着いた曲に続く。

3回目のMCの後は、まったりとした「モニャモニャ」、超有名曲であるミディアム調の「ロビンソン」、名バラードである「楓」と続く。「聞かせる」タイプの曲が続く。「楓」はこの日一番の歓声だったと記憶している。

MCというよりかは煽りに続いて「醒めない」が演奏され、この曲を皮切りにライブ終盤戦の盛り上がりコーナーへ。リーダーの田村のベースが激しくうねりあげる「けもの道」、「トンガリ‘95」「ハチの針」「8823」「こんにちは」と新アルバムの曲と定番の曲を織り交ぜながら観客を一体化させていく。ここで本編は終了。


ここからはアンコール。「魔法のコトバ」が演奏される。そして、メンバー紹介兼MCがこのアンコール部分で入り、一人一人がマサムネと対話しながら喋る。MC後、「ナサケモノ」「野生のポルカ」と続きライブ終了。メンバーがピックやドラムのスティックを客席に投げ、あっさりと退場していく。

 

デビュー25周年の年に敢行されたアルバムツアーということで大きな期待をしていたし、ファンの方の評判も良かったので、セトリに関しては当日までとても楽しみにしていた。実際に、セトリはいつも通りアルバム曲10曲程度と過去曲10曲以上という感じではあったものの、過去曲に関しては、有名曲とレアな曲をうまい具合に織り交ぜていたと思う。「日曜日」「アカネ」なんかはかなりレアな曲で、違う意味で今ツアーの核となっていたような気がする。岐阜会場では演奏されなかった日替わり曲の「夢じゃない」なんかもあまりライブではやってないイメージもあり、セトリ的にとても面白かったのではないのだろうか。
個人的に好きな「バニーガール」や「魔法のコトバ」なんかも演奏してくれて大いに楽しめた。
相変わらずのゆるいMCもとても面白かった。4月に「みなと」でMステに出演した時の出だしのミスの話やBABYMETALに気を遣っていたときの話などもしていて会場の笑いを取っていた。会場によってMCの内容が異なるのも彼らのMCの特徴であろう。
派手な演出効果も煽りもなく、淡々としていて、「バンド演奏」を魅せるスピッツのライブであるが、不思議とまた行きたくなる力を持っている。なかなかツアーをしない上に平日公演が多くて次いつ行けるだろうかと思ってしまうが、また機会があれば行きたい。